« 怒涛の発売に立ち向かう。 | トップページ | 忘れた頃に届けられる。 »

わしとの約束を守れ。

「戦国武友伝~久遠の交はり~」

Misty公録で生披露があった時から非常に楽しみにしていた作品です(会場予約特典に気付かずに帰ってきてしまったアレですよ~涙)自分は歴史について必要最低限以上には強くないのですが、このドラマは歴史的な知識よりも、深く想いの描写に焦点を当てた作品になっていたので問題なく楽しめました。あまり身構えずに試聴できるのではないかなと思います。いざとなれば特典の小冊子に解説が載っているので適宜参照で。本編とフリートーク…凄いギャップですねぇ、紀章さん…(笑)

紀章さんは第二話の「躑躅の花」に真田幸村役でご出演されています(昔に何かのイベントの話の流れで武将を演じてみたいとおっしゃられていた事があったので、叶って良かったですねーv)この真田幸村声…紀章さんのこんなに渋い声を聴いたのは自分の記憶には殆ど無く、新鮮でした…時代に適った言葉遣いが素敵です。フリートークまで聴いて感じた事ですが、真田幸村という人物の背景を把握していないのに(←!)人間的な感情面で捉え切って演じられるのは紀章さんの感覚の面白いところだな、と思いました。生き生きとした演技が◎。佐助役の下野さんの落ち着いた声とも相性が良いですね。

第一話の「茶の香り」も関俊彦さん&石田彰さんの秀逸な演技が堪能できるのでお勧めです。こちらのお2人のフリートーク…奥様に命を懸けられると言い切る関さんが格好良過ぎました。

---------------

という訳で…発売ラッシュ一部作品の感想のみアップ完了です。残りが何故語れないかというと売り切れ&入荷無しで購入出来なかったのというね…とほほ…。ジャケットのなんとも言えない表情のちびシャーニッド先輩のイラストに心撃ち抜かれた「レギオスのらじおッス!」のラジオCDなどは非常に楽しみにしていたのですが…つくづく予約の大切さを痛感しました(今回の教訓)

|

« 怒涛の発売に立ち向かう。 | トップページ | 忘れた頃に届けられる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒涛の発売に立ち向かう。 | トップページ | 忘れた頃に届けられる。 »