« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の7件の記事

伝えないささやかな願い。

タンブリンマンの公開録音、今年もあるのですか!

今回はいつもの横浜に加えて大阪での開催もありつつ計4回との事で…東京までの遠征が難しかった方々にも参加のチャンスが広がりましたね。自分は北方向の田舎者なので相も変わらず横浜に当たって砕けてみようと思いますが…や、出来れば砕けたくは無いですけれど…厳しそう!!(涙)

紀章さんのトーク聴きたいな~///

(手渡し会に重点が置かれていないのは高瀬の仕様です)

しかしこの応募要項…官製葉書での応募になっていますが、また前回のように往復葉書で応募の間違いでは無いですよね…?と疑ってかかってしまった自分は石橋を叩いて渡り過ぎなのでしょうか///応募段階になってみないとわからない事ではありますが。

-------------

土曜日はAngeloさんのライヴで横浜ベイホールに行ってきました。初めて行ったハコなのですが、フロアにそびえ立つ柱が視界の妨げになる…という、環境的には首を傾げる造りになっていました。それ以外は文句無しに熱いライヴで堪らなかったです、あの一体感は何処でも味わえない。ツアー序盤でのこの勢い、圧巻です。

好きだー……。

自分の人生を変えた要因があるとすれば

キリト氏と紀章さんでしょう。

馬鹿がつくほど彼等には幸せになって欲しいと思うのです。

| | コメント (0)

忘れられない光景。

時間が経ち過ぎてしまったのでウタマミレのレポは省略する方向で。いや…書いておきたいのは山々なのですが、いつになく記憶が壊滅的で、嘘八百なレポになってしまいそうなので、ここは他サイト様へお任せするとして。でも、本当に楽しかったー!色々と素敵な思い出として心に留めておきたいと思います…

紀章さんのエロ衣装とか(!)

最前で凝視してしまいました…御馳走様です///あれは歌に集中できないですよ~(笑)

--------------------

最近、片っ端からV系バンドの音源を聴いております。ご無沙汰な感じだったので…最近はこんなバンドが活躍しているんだな、と新たな発見続きでございました。友人のイチ押しがシドの曲だったので聴いたら、先日買い物中に店内放送で流れていて「この曲良い!誰だろ?」と思っていた曲だったので笑ってしまいました…これ、黒執事のOP曲なんですね、全然知らなかったです。

今週末からAngelo冬ツアー参戦開始、っし!(気合)

| | コメント (0)

谷山&松風 早稲田学祭 4

や、やっと週末…お休み…ぱたり(倒)

先週末はウタマミレにも参加し…その時の衝撃でもういい加減記憶が怪しいのですが早稲田学祭レポ、最後まで参りましょう!(でないと某人から苦情が来るので///笑)長らくお待たせいたしました。

<その3からの続き>

最後はプレゼントコーナー。司会の方とジャンケンをして勝ち残った人が…という定番の方法で決着するのかと思いきや、1度目のジャンケンが終わったところで松風さんからストップがかかります。もっと乙女に相応しい決め方があるよ…と話し出す松風さんの小指には結び付けた赤い糸(でも明らかに太い紐・笑)が!

松風「この赤い糸の先に繋がっている人がいる筈なんですよ。机の下とか椅子の下とかにある筈なんですけど…

それを聞いて、会場中の観客が机の下や椅子の下を弄る異様な光景が暫し展開(勿論自分の机には何にもありませんでした…残念!)どうやら全部で6本仕込んでいたらしいのですが、実際に見つかった運命の人達は5人でした。5人がステージまで呼ばれ、プレゼントの贈答が始まります。全てに紀章さんと松風さんのサイン入りで、かつ当選者のお名前を直接書いてくれる…という特典付きでした。さてプレゼントの内容は…

1・早稲田大学の紫色のバッグ
2・早稲田大学のタオル
3・おお振りのコミックス(何故か3巻)
4・白雪王子のミニイラスト1
5・白雪王子のミニイラスト2
6・白雪王子のミニイラスト3

糸にはそれぞれ「運命番号」というものが書かれており、番号に対応したプレゼントをいただけたようです。当選者のお名前を真っ二つに担当して記名する紀章さんと松風さんが面白かったですね。紀章さんが名前の前半部、松風さんが後半部を記名していました。

(おお振りのコミックスに記名しつつ…)

谷山「まさやん…これ(サインの横に)『松風』じゃなくて役名書いた方が良かったんじゃないの?『榛名』って」
松風「いいんです、松風より榛名の方が有名だから!

これにはマツカゼストの皆様から「そんな事ないー!」と声が上がっていましたね。おおお、花井と榛名のサイン入りコミックスなんて羨ましいですよ~。当選者の皆様、おめでとうございました!!…で、終わりではなく、1つ当選者の現れなかったプレゼントを今度こそジャンケンで争奪する事に。残り2名になった時点でステージ上で勝負されていたのですが、この男女2人のあいこが続くこと続くこと…

松風「うん、もう付き合っちゃおうか」
谷山「付き合っちゃえ、付き合っちゃえ」
松風「結婚しちゃえよ」

と、しきりに冷やかす紀章さんと松風さん。結果は…何度目かでお嬢さんの勝利。男子の方は「レディーファーストって事でね」と慰められ、紀章さんと松風さんの小指に結び付けてあった赤い糸2本を渡されていました、ある意味美味しいです(笑)ちなみに最後に残ったプレゼントは白雪王子のキスシーン場面のイラストでした。ここで松風さんが紀章さんにダメ出し…

続きを読む "谷山&松風 早稲田学祭 4"

| | コメント (2)

谷山&松風 早稲田学祭 3

日常多忙で途中ストップしてすみません。

<その2からの続き>

またまた松風さんの滝沢君(@カンペ係)弄り。どうやら松風さんが最後の台詞を言うまでは「1分前です」というカンペを掲げていたのに、台詞を言い終わったあとには即「押してます!」になっていたとか。その中間に「オンタイムです」とか「やや押してます」とかあるでしょー!と、アドバイスが与えられていました。

続いては大喜利のコーナー。コーナー名は失念しましたが…なんと会場から選んだ女の子がシチュエーション通りの台詞を言い、それに対して紀章さんと松風さん男前な台詞を返し、どちらが男前か対決するというものでした。判定は勿論その女の子にしていただきます。まず、例として女性司会者の方がやってみる…という事だったのですが、時間も押していたせいか、結局例はやらずに人選へと進行していきました。

「やりたい人ー!」と挙手を求め、紀章さん、松風さんが会場内から一人ずつ台詞を言ってくれる子を選びます。「これ、挙げてない人でも選んでいいの~?」なんて言葉が飛び出したりもしていましたが(!)座っていた位置の関係で、下手側から松風さんが上手側から紀章さんが選ぶ形になりました。紀章さんに至っては客席通路を歩いて物色…すぐ真横を紀章さんが通って行かれました(近くで見てもやっぱりあのトップス透け過ぎです・笑)紀章さん…真剣過ぎて眼差しが怖っ…!と思ったのは秘密ですよー。選んだのは、紀章さんが巨乳でセクシーな装いの金髪のお嬢さん、松風さんが紺色カーディガンの清楚な装いのお嬢さんでございました。紀章さんの連れてきたお嬢さんを見るなり

松風「…紀章さん、好み出すぎじゃない!?」

と訴える松風さん。確かに…、と会場も納得。あ、例の松風さん好きのホモ男子の方に向かってやる、という案も出ていたのですが「時間があったら君で」という感じで後回しに。

まずは紀章さんの選んだお嬢さんから。シチュエーションは「彼女が仕事で明日のデートの予定を急にキャンセルした時」という事で、お嬢さんの言う台詞は「ごめんなさい、明日のデート仕事で行けなくなっちゃった」でした。まずは松風さんからチャレンジするのかと思っていると、色々と状況説明を追加。

松風「今日もデート中で…毎日のように会ってるんだけど、明日のデートが無くなっちゃうのは2人にとって重大な事で。俺がこう、ジュースとソフトクリーム買って戻ってくるから、そこでその台詞言ってね」

なんともまぁ可愛らしいデート中の設定に早変わり。早速演技を始めようとした所で…効果音が可笑しい、というアクシデントが。何なんでしょう、あの歌舞伎みたいな効果音は!松風さんはずっこけるわ、会場中は爆笑するわで1度仕切り直しに。しかし司会者の意向で効果音は変更せずに続投する事になりました。松風さんがそんなこんなで慌ただしくしている間、紀章さんはあまりに真剣に自分の番のネタを考えていたため、松風さんから「この人、サングラスの奥ですっげー真剣な目して考えてる!」とバラされていました(紀章さんアドリブ超弱いですもんね、頑張れー…)で、本番。

続きを読む "谷山&松風 早稲田学祭 3"

| | コメント (0)

谷山&松風 早稲田学祭 2

<その1からの続き>

お2人が去ってしまったので…先程練習したきーやん・まさやんコールで呼び戻す事になりました。司会の方が出方をばっちり指示してくれたのでコールも綺麗に揃い、出て行った上手前方のドアから紀章さんと松風さんが再びご入場。センターに用意されているテーブルの所の椅子にご着席されました。松風さんが「ん?座る位置はどうすんの…?」と一瞬悩んでいたようですが…松風さん→紀章さんの順で入ってきたので、そのまま下手側が松風さん、上手側が紀章さんという配置になりました。「ま、いっか。じゃあそのままで」と松風さん。

自己紹介は此処でしていたのかな…記憶が怪しいですが、紀章さんがいつもの様に「8月生まれのエロスの息子」と言っていた気がします。自分で松風さんブログネタの「印税先輩」の名称も引っ張り出していました…ちなみに、一緒に食事に行った場所は赤●プリンスホテル地下のてんぷら屋さんだそうですよー。

教室一杯に集まった乙女たちに暫しキャッキャするお2人。イベントタイトルが「乙女たちに捧げる~」ですからね。良い匂いがする~などと喋りつつ、会場を見回します。「皆早稲田大生なんだよね?」と振ってみたり。松風さんはこういった乙女向けイベントをするのは初めてなのだとか…今日は対乙女モードで頑張るそうです(恋華とかオトメイトは違うのか!?とツッコミを入れたくなったのは秘密です)

谷山「あ、でも何人か男子もいるねー!男子手挙げて!」

ぱらぱらと疎らに手が挙がります。

松風「でも今日は乙女の為の講義ですから…此処にいる男の方も心は乙女って事ですよ!
谷山「じゃあ、その中でホモの人ー!」

ちょちょちょ…紀章さん!?(驚愕)

まさか、という空気の中…挙手した方がただ1人いらっしゃいました。どうやら松風さんファンの方らしく…松風さんに向かってラブコールが!(爆)会場中が大爆笑の渦に。

松風「谷山さんはこういうイベントよくしてるんですよね?」
谷山「そんな事全然ありませんよー先輩。先輩、きれてます!きれてますっ!(またボディビルネタ)」
松風「(笑)どうして後輩役をやりたがるんですか。先輩なのに」
谷山「いやいや…僕は先輩の仮面ライダーのブルーな子を見た時から先輩のようになりたいって…」

あははは、松風さんのメガレンジャーネタが。しかも何故か仮面ライダー(笑)

松風「あのね!俺の頃は仮面ライダーは1人だったの!黒いの1人とか!」
谷山「ああ、黒いのねー」
松風「そうそう。今は色々出てますけどね。」
谷山「あーそうだ地獄少女!地獄少女を見て僕は声優を志したんですよ…」
松風「ちょっと!大分最近に飛び過ぎじゃないですか?メガブルーから地獄少女までの間も俺色々活動してきたんですけど…しかも、計算合わないから!(紀章さんが声優になってからの期間と)」

松風さん曰く、裏での打ち合わせも大分時間がかかったとか。

谷山「松風君の喋る事、喋る事…」

…それで押したんですか!?(なんてね)

お2人のアニメ共演は「おお振り」が初らしいです。ドラマCDでは共演あったけど…と、され竜のお話もされていました。され竜のドラマCD良いですよね~2人とも好きな方は必聴です!「この人仕事できるんですよー」と紀章さんをベタ褒めする松風さん。

谷山「この時結構長台詞あったんだけど、かまっ…噛まなかったんだよ」

あはははは、そこで噛んだら説得力がありませんvv(笑)

続きを読む "谷山&松風 早稲田学祭 2"

| | コメント (0)

谷山&松風 早稲田学祭 1

大人気声優 谷山紀章&松風雅也の
乙女たちへ捧げるナイショの特別授業 in WASEDA

今回は残念ながら当選しつつも仕事で参加が叶わなかった知人の為にも懸命にレポしようと思います。まぁ、懸命にとは言いつつメモを取っている訳でも無し、記憶媒体が当方の脳なのでたかが知れていますが、お楽しみいただければ幸いです。

受付の辺りには紀章さんと松風さんの写真が指名手配風に加工されたチラシが沢山貼ってありました。ちょ…今日は仮にも先生なのに!(爆)会場に入って見ると、本当に「教室」で。中央の黒板にはイベントタイトルやハート等がチョークで手書きされていて、その手作り感にほっこりしました。暫くすると、BGMとして松風さんの「春の色」が流れ初めまして…次は何の曲がかかるのかなー、と思っていたらまた「春の色」!3連続で再生されました(という事は大体15分押しくらいで始まったのでしょうか、時計は確認していませんでしたが)

イベント前にメールアドレス漏洩事件についての謝罪。「春の色」で和んでいた気分が一気に緊迫ムードに…これはいきなり大丈夫なのか?と心配したのも束の間、司会のお2人のとても元気な進行に会場も再び和やかな雰囲気を取り戻します。この切り替えは素敵でしたね。ゲストのお2人を呼び込む前に拍手の練習をする事になりました。先攻・松風さんファン、後攻・紀章さんファンに分かれて拍手…

当方、松風さんの時に全力で拍手しましたが何か。

や、紀章さんにはいつもしてるから…今日くらいはマツカゼスト的に参加しちゃおうかな、と天の邪鬼さを発揮してしまいまして。結局紀章さんの時にも拍手しちゃったんですけどね。2人とも好きだよーvv

続けて今度はニックネーム呼び+拍手で対決。紀章さんは勿論「きーやん」、松風さんは「まさやん」で呼ぶことになりました。あれ、紀章さんが松風さんを「まさやん」と呼ぶのは知っていましたが…あの公式ブログの投票で「まさやん」に決定していたのですか?いつの間にか。てっきりまだ選考中なのかと思っていました。「きーやん」「まさやん」…何か響きが漫才コンビみたいですよね~(笑)練習もばっちり出来た所でそろそろゲストを…かと思いきや、準備がまだ出来ていないという事で、司会のお2人が場を繋ぐ事に。「1番遠くから来た人」の問い掛けに立候補者がいなかったので、話は「1番近くから来た人」に。挙手された方は早稲田からいらっしゃったそうです。

さてさて、ようやくチャイムとともに授業開始。

続きを読む "谷山&松風 早稲田学祭 1"

| | コメント (0)

止めるどころか助長する。

早稲田学祭の谷山紀章さん&松風雅也さんのトークイベント、無事参加して参りました。いやもう期待通り…自分が今まで参加したイベントの中でも5本の指には入る程楽しいものでした。

何処から話したらいいのやら…総括すると

激しく下でBLな時間

だったと思います///(何のこっちゃ)

それはともかく、私的に最もテンションが上がったのは紀章さんの生坂田が聴けた瞬間ですね。松風さんが「tacticsやってるから、(紀章さんがキャッキャしていると紀章さんに向かって)坂田うざい…って言いたくなる」と発言された後にすかさず「頼光様あぁぁぁぁぁ!」と。うあああ…坂田&頼光、好き過ぎるのですよ。有難うございました。参加できて良かったー!!

ぼちぼちレポは書いていきますので暫しお待ちを。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »