« 谷山&松風 早稲田学祭 2 | トップページ | 谷山&松風 早稲田学祭 4 »

谷山&松風 早稲田学祭 3

日常多忙で途中ストップしてすみません。

<その2からの続き>

またまた松風さんの滝沢君(@カンペ係)弄り。どうやら松風さんが最後の台詞を言うまでは「1分前です」というカンペを掲げていたのに、台詞を言い終わったあとには即「押してます!」になっていたとか。その中間に「オンタイムです」とか「やや押してます」とかあるでしょー!と、アドバイスが与えられていました。

続いては大喜利のコーナー。コーナー名は失念しましたが…なんと会場から選んだ女の子がシチュエーション通りの台詞を言い、それに対して紀章さんと松風さん男前な台詞を返し、どちらが男前か対決するというものでした。判定は勿論その女の子にしていただきます。まず、例として女性司会者の方がやってみる…という事だったのですが、時間も押していたせいか、結局例はやらずに人選へと進行していきました。

「やりたい人ー!」と挙手を求め、紀章さん、松風さんが会場内から一人ずつ台詞を言ってくれる子を選びます。「これ、挙げてない人でも選んでいいの~?」なんて言葉が飛び出したりもしていましたが(!)座っていた位置の関係で、下手側から松風さんが上手側から紀章さんが選ぶ形になりました。紀章さんに至っては客席通路を歩いて物色…すぐ真横を紀章さんが通って行かれました(近くで見てもやっぱりあのトップス透け過ぎです・笑)紀章さん…真剣過ぎて眼差しが怖っ…!と思ったのは秘密ですよー。選んだのは、紀章さんが巨乳でセクシーな装いの金髪のお嬢さん、松風さんが紺色カーディガンの清楚な装いのお嬢さんでございました。紀章さんの連れてきたお嬢さんを見るなり

松風「…紀章さん、好み出すぎじゃない!?」

と訴える松風さん。確かに…、と会場も納得。あ、例の松風さん好きのホモ男子の方に向かってやる、という案も出ていたのですが「時間があったら君で」という感じで後回しに。

まずは紀章さんの選んだお嬢さんから。シチュエーションは「彼女が仕事で明日のデートの予定を急にキャンセルした時」という事で、お嬢さんの言う台詞は「ごめんなさい、明日のデート仕事で行けなくなっちゃった」でした。まずは松風さんからチャレンジするのかと思っていると、色々と状況説明を追加。

松風「今日もデート中で…毎日のように会ってるんだけど、明日のデートが無くなっちゃうのは2人にとって重大な事で。俺がこう、ジュースとソフトクリーム買って戻ってくるから、そこでその台詞言ってね」

なんともまぁ可愛らしいデート中の設定に早変わり。早速演技を始めようとした所で…効果音が可笑しい、というアクシデントが。何なんでしょう、あの歌舞伎みたいな効果音は!松風さんはずっこけるわ、会場中は爆笑するわで1度仕切り直しに。しかし司会者の意向で効果音は変更せずに続投する事になりました。松風さんがそんなこんなで慌ただしくしている間、紀章さんはあまりに真剣に自分の番のネタを考えていたため、松風さんから「この人、サングラスの奥ですっげー真剣な目して考えてる!」とバラされていました(紀章さんアドリブ超弱いですもんね、頑張れー…)で、本番。

松風「ジュースとソフトクリーム買ってきたよー!」
彼女「……」
松風「?…どうしたの?」
彼女「ごめんなさい、明日のデート仕事で行けなくなっちゃった」

松風「仕事なんていいから…俺の奥さん、って仕事に就きなよ」

おおおおおおおおお!良い!男前ですvvv(ツボった)

続いて後攻の紀章さん。

谷山「はい、ジュースとソフトクリーム買った来たよ」
彼女「ごめんなさい、急に仕事が入っちゃって…明日のデート行けなくなっちゃった」

谷山「……じゃ、今からしに行こっか(とお嬢さんの肩を抱き寄せ、上手方向へ連れ去る)」

こらーーーーーーー!!!!!(爆笑)

紀章さんらしいというか何というかもう…///男前の枠を若干はみ出している気もしますが、アドリブに弱い紀章さんにおいては自分のキャライメージを最大限生かした会心の出来だったのではないでしょうか。しかし、状況設定がパクリだと松風さんから訴えられていた事は申し添えておきます(笑)判定方法は、お願いします!と紀章さんと松風さんが頭を下げて手を差し出し、お嬢さんが勝者の手を取るというものでした。お嬢さんが握り返したのは紀章さんの右手で。「まじで??」と喜ぶ紀章さん(流石にやり過ぎで勝てると思っていなかった模様)「やっぱり直接的なのが良かったんでしょうかね~…」と呟く松風さんが寂しそうでした。ああああああ、私的には松風さんのがもの凄いツボでしたよー!(叫)

次、松風さんの選んだお嬢さんの番です。シチュエーションは「幼馴染が甲子園へ出場することが決まって急に距離が離れてしまった時」という事で、お嬢さんの言う台詞は「なんだか遠い存在になっちゃったね」でした。シチュエーション説明を聞いて「南ちゃんだ!」とキャッキャする松風さん。

谷山「これ…順番的に次は俺からなんだけど、いきなり落とす訳にはいかないですよね。…やばっ!『場外ホームランだ!』とかしか思い浮かばねー…(悩)」

悩む紀章さんを余所にサクサク進行していきます。

彼女「なんだか遠い存在になっちゃったね」
谷山「見ろよ…生きてるみたいだろ…(タッチのパロをやってみたものの撃沈)……場外ホームランだぁぁーー!!(やけくそ)」
(会場爆笑)
谷山「あああ~…俺、やっちゃったな…(苦笑)」

落ち込む紀章さん…しかし、スベったのにある意味盛り上がっていたように感じますけれども///微妙にタッチのネタが会場に伝わっていなかったのは年齢層の壁かもしれませんね。続いての松風さん…またジュースとソフトクリームを買ってくるから、と発言したところ「またそれ?」と紀章さんにツッ込まれていました。どうやらそういう導入がないと、いきなりは入りづらいそうです。

松風「お待たせ~」
彼女「なんだか遠い存在になっちゃったね」

(松風さんがジュースとソフトクリームを落とすアクション)

(更に彼女に近付き、さっと抱きついて←!!!)

松風「遠くなったなんてそんな…ちっとも遠くなんてなってないだろ?」

松風さんの大胆行動に会場中が大絶叫。ジュースやソフトクリームを落とす姿がお茶目だったのに対し「遠く~」の格好良い台詞への変わり身がグッジョブでした。ある意味瞬間にギャップ萌えを感じるという!松風さん曰く、あの谷山紀章の後に落とすにはセクハラしか考えつかなかったのだとか…(笑)気になる判定は…松風さんの勝ち!判定理由は「松風さんの方が爽やかさで優っていたから」だそうです。皆も納得。ここまでの勝敗が1対1という事で…例の男子を相手役にして、もう1度決勝をするのかと思いきや…時間切れでコーナー終了。

---------------------

お次のコーナーは世界裏名作劇場「白雪王子」でございました。コーナー紹介を始めるものの、前コーナーの全力投球の為に息の整わない松風さん。

谷山「何お前ハァハァ言ってんの?(笑)」
松風「さっき走ったら息あがっちゃったんですよ!」

「今日集まってくれた皆さんは乙女ですから、勿論童話とか大好きだよね?」と松風さんが会場に話を振ったところ、何故か会場は微妙な反応に。いや、嫌いだとかいうよりも「何でいきなり童話?」な感じでした。

谷山「まさやんの頭の中の乙女像と、この会場に集まってる乙女はもの凄く温度差があるな…」

そこで例の男子が「童話大好き!」と一言叫んだものだから、またまた会場大爆笑。「君のピュアな眼差しからするに…君は好きだと思ってた(笑)」と松風さん。前振りした事を少し後悔しつつ、2人芝居スタートです。さてさて…この「白雪王子」ですが、お2人が読み上げている間、スタッフさんが紙芝居の様に場面ごとの絵を掲げてくれる、という形式で進行していきました。あ、そういえばこの辺りで松風さんが、始めようとする時に「どうする?お嬢?」と一目連(@地獄少女)ネタを挟んでくれていました。

■1.お妃が世界で一番美しいのは~と問うシーン

お妃のイラストが何と骨女(@地獄少女)でございました。お妃の台詞は紀章さんが演じてくれましたので、色っぽい台詞が聴けましたよ~。んー…千影(@サルーテ!)のような感じでした。ヒステリーな所も。紀章さんのオカマっぽい言い回し良いですね~好きです///(至福)

■2.白雪王子の姿

おや…白雪王子のイラストは紀章さんにそっくりです。声も勿論紀章さん担当。

■3.森の中へ逃げ込む白雪王子

ちょ、イラスト…白雪王子がガンメン(@グレンラガン)に追われています!(爆笑)「白雪王子を殺しておしまい!」とお妃が仕向けたのはガンメンだった模様。恐ろしいお妃です。

■4.小人の家に辿り着いた王子

割に白雪王子は天然系の話し方ですね(まぁ受設定だから?)そのうちに眠ってしまわれます。

■5.小人たちに囲まれて目覚める白雪王子

自分はいまいち確認出来なかったのですが…小人達を見て笑っている方々もいたのでこれにも元ネタがあったのかもしれません。小人の声は松風さんが担当されていました、可愛い…///

松風「白雪王子、ずっとここにいてよ。僕達と一緒に武道館を目指そうよ!
谷山「武道館?此処にぶどうぱんはあるのかい…??」

武道館て…!まさかのGRANRODEO。しかもさり気なく紀章さん、2回目はぶどうぱんって言いましたよね?(いつものネタ)

■6.白雪王子に林檎を渡す魔女

いやもう…このイラストはツッ込まずにはいられない!!魔女が…魔女が…

黒いローブを被った阿部隆也(@おお振り)…!!!(会場大ウケ)

松風「魔女は『これを食べればほんとのエースになれるかも!』と言って白雪王子に林檎を食べさせました」
谷山「や…俺、外野手だし(汗)

紀章さん演じる花井(@おお振り)は外野手です。

■7.眠ってしまった白雪王子

松風(@小人)「ねぇ、起きてよ白雪王子ー!」

■8.白雪王子の元に隣国の王子がやってきました

おやおや…隣国の王子のイラストは松風さんにそっくりです。白雪王子が紀章さん似だった時点でそんな感じはしましたが。隣国の王子は白雪王子に一目惚れする訳で…BLな展開が。

松風(@隣国の王子)「(白雪王子を見るなり)ウホッ…イイ男!」

こらこらこらこら…(笑)

■9.隣国の王子が白雪王子にキス

会場の湧き方が凄かったです。紀章さんが一人で激しくキス音を演じておりました…ちょ、どんだけディープキスなんですかーー!!キス音だけならまだしも悩ましげに喘がないでください///(爆笑)

■10.白雪王子にプロポーズする隣国の王子

イラストは白雪王子をお姫様抱っこする隣国の王子。

松風「これからずっと私と一緒にいて欲しい」
谷山「でも…僕なんかと一緒にいてもメリットなんてないですよ」
松風「メリットねえ…」

おおおおお、松風さんの鏡夜(@ホスト部)まで発動…!!!

そんな感じで…めでたし、めでたし!最後に、盛り上がり過ぎた会場に紀章さんから一言。

谷山「この腐女子がっっ!!!」

誰か「もっと言ってーvv」
松風「あ、今『もっと言ってー』ってMな乙女からの声が聞こえた…。駄目だよ~この人(紀章さん)に顔覚えられちゃうから…(で、後でドSな紀章さんに襲われちゃうから)」

紀章さん…(ほろり)

---------------------

<その4に続く>

完結しないまま、明日はウタマミレに旅立ちます。

|

« 谷山&松風 早稲田学祭 2 | トップページ | 谷山&松風 早稲田学祭 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷山&松風 早稲田学祭 2 | トップページ | 谷山&松風 早稲田学祭 4 »