« 心からの肯定が届けば。 | トップページ | 今後の参加イベント検討会。 »

【加筆済】幸運と試練は紙一重。

電撃文庫秋の祭典、参加して参りました。
今回は簡単な感想のみで纏めたいと思います。

--------------

11:00~ 電撃文庫Webラジオ 第1回&第2回

待ちに待った公録!入場前に近くにいらっしゃったお嬢さんにお声を掛けさせていただき、暫しお喋りを。何気に竹本さんファンの方とお話しするのは初めてだったので嬉しかったり…///(自分以外周りにいないのですよー)集まっていた参加者の男女比率は半々くらいだった気がします。しかしこの公開録音…いざ会場内に入ったら地べた座りだったのですよね。自分は全く考慮していない服装だったので、無理な体勢で2時間を過ごしたのでした(足が痛すぎて終わっても立てない始末)厚底は良くないですね、こういう時は。

公開録音の内容は番組を楽しみにしていただいた方が良いと思うので割愛します…雰囲気はこちらなどでご確認ください。ブース下方にあるモニターは何の為にあったのでしょう。結構視界が遮られていた気も。

初の生竹本さんは素敵過ぎました…良い声…!!

喜多村さんもとっても可愛い…///と、感動していたのも束の間。何がどうしてこうなった…??公録などでは恒例の「一番遠くから来た人」な問い掛けで、我が地元がターゲットに。おおおおお…流れで竹本さんとレスポンスしてしまいましたよー。もうお一方、同じ地元から参加されている方がいらっしゃって…。

竹本さん達に「デスティニー」という事で暫く弄られていました(笑)

当方、竹本学園が「終着点」でも本望です!

公開録音終了後は、最初にお話ししていたお嬢さんと一緒に、展示されている竹本さん撮影の写真を見に行くことにしました。番組の時から「乳首、乳首!」としきりに話題にされていたので、果たしてどんなものなのか気になって気になって…!(笑)しかし、いざ行ってみると展示されている場所でこれからサイン会が行われるらしく、

竹本さんの写真が展示されている場所に入れない

というアクシデントが。同じ目的のお嬢さん方数人と衝立の周りをウロウロしてしまいました。いくらウロウロしていても埒があかないので、意を決してスタッフさんに伺ってみる事に(乳首の写真を見せてくれ、とか…どんな試練ですかこれは・汗)その結果、ようやく竹本さんの写真の場所にだけ通していただく事が出来ました。

えぇ、写真はもう激しく乳首でした…凄い露出///(爆)

通してくださったスタッフさん、有難うございました。

--------------

午後からご一緒していた方は紀章さんのイベントにはかなり参加しているものの、未だ対面イベントと縁が無くて…という方だったので。「次は参加出来ると良いですね~」などとロビーの椅子に腰掛けて、のんびりお話ししていたのですが。

その時、ふと視線の先の自動ドアが開いたのですよ。

何か見覚えのある方が入ってきたんですよ。

って、ええええええええええええ、紀章さん!?(驚)

いやちょっと、そんなタイムリーな事があって良いのか…いやむしろ人違い?そっくりさん??と思ったのですがどうしてもご本人にしか見えない。そんな堂々とお客さん溢れる会場を闊歩しているとか…確かめに行ってもいいけど、ご迷惑かも…と、葛藤。しかし、今回はどうしても彼女を対面させてあげたくてGO。

エスカレーター途中で少しだけお話しさせていただきました。

あ、自分は見守っていただけで…言いたい事は大方彼女が伝えてくださったので出る幕なしでしたね。「有難う~頑張ります」と丁寧に応対してくれましたが…紀章さんが眠そうというか、疲れているのか、テンションの上がり切っていない感じが伝わってきたので心配しつつ、エスカレーター終わりで退散しました(いや、単に嫌がっていただけなら申し訳ないとしか言いようがないのですけれども)やはり優しいですね、紀章さんは…いつもそう思います。優しいからといって迷惑を掛けていい訳ではありませんが、お忙しいところ有難うございました。

まだ続きます。

その後、少し経ってから先程と同じエスカレーターから下に降りようと、乗り口に向かったのですが。

えええええ???

ちょ…何でまたいるんですかーー!!!(爆)

視線の先の黒い人を見て固まりました、踏み出した足も止まるというもの。手すりに寄りかかるようにしてエスカレーターに乗ろうとしている人は、これまた紀章さんにしか見えない訳で(笑)あまりの遭遇率に何か夢でも見ているのかと思いました。流石にこれ以上接近したら追い掛けているようで迷惑極まりない…と思ったので、くるりと方向を変えて、紀章さんとバッティングしないよう避けて見送りました。

--------------

15:00~ とある魔術の禁書目録ステージ

このステージも電撃オンラインにレポが上がっているので参照していただいて(こちら)早速、紀章さんキャラの映像も拝むことができました。ん…キャラの見た目で想像していたよりは、紀章さんの声は若い感じだな、と思いました。ステイル=マグヌスが炎を操るシーンは格好良いので必見です。特筆すべきは当麻役の阿部さん!初めて拝見する方だったのですが、最後に叫んだ台詞がとても素敵で…会場中が息を呑む一瞬でした。

--------------

17:00~ 電撃文庫RPG Cross of Venus&グランドフィナーレ

こちらは当選していなかったので、後方の一般観覧スペースから参加しました。周りは背の高い男の方ばかりでしたので、視界は殆ど期待できるものではありませんでしたが…耳に全神経を集中して楽しみました。竹本さんの声はやはり素敵だな~進行上手だな~と思っていたら、ちらりと見えた竹本さんと喜多村さん

制服…!!

雰囲気ばっちりでした。竹本さん、電撃文庫RPGへのご出演決定おめでとうございます。「悪役」という事で…あの効果音だけにならなくて良かったですねvv(笑)

|

« 心からの肯定が届けば。 | トップページ | 今後の参加イベント検討会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心からの肯定が届けば。 | トップページ | 今後の参加イベント検討会。 »