« 逢いたい気持ちのままで。 | トップページ | デモンブライドトークショウ【2】 »

デモンブライドトークショウ【1】

9/20 第46回 アミューズメントマシンショー
エクサムブース「デモンブライドトークショウ」
(ゲスト)谷山紀章さん・伊藤健太郎さん

参加して参りましたので、久々にレポに挑戦してみようと思います。さて、自分はアミューズメントマシンショーをよく知らなかったので、ゲームショーやアニメフェアのようなものを想像していたのですが、そこまで人が並ぶものでは無かったようで…入場時から周囲が小さい子供連れの家族ばかりで客層の違いにドキドキしました(笑)会場にはまったり9時過ぎに到着したのですが、開場の10時になるとすぐ入場出来て…他イベントを考えると想像もつかない程スムーズでした。徹夜の身体には非常に有難い事です。

で、脇目も振らずエクサムブースへ。

すると「あれ…?此処で良いんですよ、ね…?」と目を疑う、人の疎らなステージ前のスペース。同日開催のネオロマンスな横浜の影響なのでしょうか、結局開演の30分前でも3列くらいしか人が集まっていない感じでした(始まってから後ろを振り返ったらそれなりに集まっていたので杞憂ですが)先に到着していたK汐さんを見つけて、空いていたお隣でご一緒させていただきました。お世話になり有難うございました(>私信)ステージ自体の高さも殆ど無く、最前の仕切りからの距離も近いため非常に好位置で…開始前から「此処に紀章さんと伊藤さんが来るんですか…///」と動揺する始末。ステージ上部には大きめのスクリーンが1つあってプロモーション映像を流していました。

「デモンブライドトークショウ」に先駆け、11時からは「エクサム新作タイトル発表会」があったのでそちらで一足早く「デモンブライド」のプレイ動画を見る事が出来ました。後々述べますが、トークショウで紀章さんと伊藤さんが初見だったプレイ動画映像…会場の子達は此処で先に観ていたんですよね。やはり此処でも天羽零彗(@紀章さん)のK.O時台詞「愛してるぜぇーー!!」の衝撃が凄くて…大反響でした(笑) 零彗とルシフェルの絡みは濃厚で良いですね…やはりこの2人が好みです。私的にはマモンの素早くも怪しい動きが非常に気になる感じで…ドーンは高屋校長にそっくりだとか!(サングラスをした姿、本当に似ていました)後は、思いがけず紅花(@能登さん)の悲鳴がもの凄い音量でドッキリしました…女性の悲鳴は響きますね~。ディレクターの方がまだ発表になっていない声優さんのヒントを次々と教えてくださった為、会場では歓喜の声が上がったりしていました。声優さんにもかなり気合い入れてくださっているようです、そうご期待!

待機している間、近くにいたスタッフさんが色々とお話してくださって…「ブースのステージ裏側にあたる所に、デモンブライド出演声優さんのサインを入れていただいたex-BARDを飾ってあるので見て行ってくださいね~(写真撮影可)」とか、「昨日メーカーブログに本日の出演声優さんの誤情報がアップされてしまっていた」などという事を知りました。「あの…小野大輔さんというのは誤情報で…小野さんがお目当てでは無いですよね?(汗)」と、集まっている子達を心配してくださっていました。大丈夫です、がっつり紀章さんと伊藤さんがお目当てす。

ちなみに此方、紀章さんのサイン部分を写真に納めてきました。まだ発表になっていない声優さんのサインもちらほらありましたので…紀章さん部分の公開のみで。零彗…何度見ても凄い名前ですね(このゲームのキャラ全体に言える事ですが)紀章さん、ちゃんと漢字で書いてくださっています(こら)

Dbams

さて、10分押しの12時40分から「デモンブライドトークショウ」が始まりました。

なんと開始前に紀章さんがキャラで諸注意の影アナをしてくれました。この時にステージ上部のスクリーンに恋愛ゲームさながらのゲーム画面のような映像が映し出されたので爆笑。「俺のステージ、見に来てくれるだろ?」的な事を喋っている時に、零彗の立ち絵と「もちろん行くわよ!」「どうしてもというなら行ってやる(ちょっとうろ覚えですが、何か高圧的な感じの)」のような選択肢が表示されていたり。録音撮影禁止の話をしている時には「俺の愛はそういうもんじゃなくてお前の心に焼きつけて帰ってくれ」的な文言が映し出されていたり…「俺への愛は拍手の大きさで十分伝わるからな」的な注意書きがあったり。危険行為禁止の時には「何かあっても俺はひとりしかいないから全員を守ってやることができない」そうで…大真面目具合がかなり乙女ゲーのキャラみたいになっていました、少なくともこの影アナ時の零彗さんは格ゲーキャラでは無かったです。飲食喫煙禁止の時には…

「俺も煙草は吸わないぜ。…高校生だからな!」

などと叫んでいたので会場からは笑いが漏れていました。紀章さんが言うとちょっと可笑しいですよね…あくまで零彗なのに(笑)私的には高校生だという設定に全く気付いていなかったので「えぇーそうだったんだ!?」と思ってしまいましたが。天羽零彗さん、見た目全く高校生に見えません。でも映像等で喋っているのを見たらアイタタ…な感じが高校生だと思い知らされました(爆)とにかく「愛!愛!!」と叫びまくる愛に生きる男だという事が判明。

ステージに司会のお姉さんが現れ、最初に呼び込んだのは紀章さんでも伊藤さんでも無く発表会ステージ時からデモンブライドの説明をしてくださるディレクターさん。お2人でデモンブライドの説明を始めたのですが、時間が押していることもあり、「さっき(新作タイトル発表会ステージ時)紹介したから良いよね?」と、もの凄い速さでキャラ紹介を飛ばす飛ばす…!!ぶっちゃけ名前だけでした(爆笑)紅花の紹介の時…蛇(アスモデウス)に対してぽつりと「羨ましい…」と呟くディレクターさん(注・この蛇、紅花の胸元に挟まっているのです)司会のお姉さんにしっかり拾われていましたね。一通り紹介して…最後に天羽零彗(@紀章さん)の映像がスクリーンに。

「おいおい、いつまで待たせる気だ~?」

と裏からキャラで喋る紀章さん。此処でようやく紀章さんと伊藤さんがステージに呼び込まれました。ステージ上手奥に出入口があって、紀章さん→伊藤さんの順でご登場。ステージ上での立ち位置は下手から司会のお姉さん・紀章さん・伊藤さん・ディレクターさんになりました。

服装のレポ。紀章さんは黒いロングカーデ(時折マントみたいにバサバサやってました。←可愛い。大きめのポケットには箱2つ入っているように見えましたが…煙草かな?)でキラキラしたプリントの付いた薄ピンク色のTシャツ(裾あたりが穴あき加工)。星模様の沢山入ったジーンズで、これまたキラキラの紐がついたスニーカーでした。濃い茶のサングラス装着。髪は自分の場所からは一見全部黒髪に見えたのですが、PVを見る際にくるりと後ろを向いたら僅かにメッシュ入っていました。左手指に指輪、右手首に琥珀色のブレスレット。伊藤さんはノースリのジャケット(キャライメージの赤色)に白いTシャツ。頭は黒のニット帽、下はジーンズに茶色のサンダル。それに左目に眼帯をしていました…これは真剣に朝起きたら目が腫れていたそうで、トーク中も「喋っていないと目が痛い」としきりに痛がっていました。そんな状態でも来てくださった伊藤さんに涙が出そうでした…終わり次第すぐに病院行くそうで、心配です。

<その2に続く>

|

« 逢いたい気持ちのままで。 | トップページ | デモンブライドトークショウ【2】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逢いたい気持ちのままで。 | トップページ | デモンブライドトークショウ【2】 »