« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の8件の記事

その不器用さが堪らない。

昨日のロケパン3、参加された方々はお疲れ様でした。や、何かアクセス数が異様な事になっているのですが…当方は今回参加していませんので、レポは無いですよ~御免なさいね。セトリだけはチラリと教えていただいたので…脳内想像ライヴで補完。

ふむふむ、なるほど…

……って、寂しいぞ!?(滝汗)

やはりライヴは参加してなんぼじゃないですか、駄目だ…限界を感じました。きっと楽しくやりきったんだと想像は出来るのですけど。今回もガチャガチャがあったのですね、GRANRODEOのキーホルダー欲しかったな~(涙)

GRABRODEOはツアーまでお預けな感じです。

--------------

昨日、「悶悶打破」の紀章さんトラックで爆笑していたのは記憶に新しいのですが。暫く聴いていたら…鳥海さんのトラックが「癒される」どころか「もの凄いツボ」だという事に気付かされました。これは良いですね…///ささやかな幸せを感じます。

すみません、下畑さん…結婚してください!(こら)

| | コメント (0)

好みの問題に阻まれる。

家庭用ときめき栄養剤
「悶悶打破」
成分(声の出演):鳥海浩輔さん・谷山紀章さん

こちらも視聴しました。夏コミでも売っていたのですが、当日あまりにも荷物が多くて破損してしまいそうだったので購入を先送りにしたのですよね。さて、少し早送りして紀章さんのトラックから聴き始めたのですが…

……

………

わはははは…!(爆笑)
紀章さんのこのキャラはちょっと無理です。

いやもう何というか…この吉野さん、大丈夫ですか…?(汗)発言の節々がツッコミどころ満載な感じでした…CDを聴きながら1分に1回くらいの割合で大量のツッコミを入れている自分が居ました。これ…浸れるのかなぁ。少なくとも自分にはときめきが生じるというよりは笑いの種が蒔かれました。

で、最初に戻して鳥海さんのトラックを視聴。あぁ…これはちょっと癒される!下畑さんの方が可愛いな、なんて思ってしまいました。好みの問題ですね。

| | コメント (0)

何一つ捨て去る気など無いの。

GRANRODEOの「Instinct」購入してきました。

歌詞だけ目を通して…パソコンにCDを挿入するところまで進めたので、あとは再生ボタンを押すだけなのですが。もうね…多分、これを聴いたら自分の中の何かが変わる、と思う訳で。押すに押せない。このメッセージが音になったら…と思うと、震えます(歓喜か罪悪か)

…っし、飛び込んできますか!

きっと最高傑作だと思うのです。

| | コメント (0)

デモンブライドトークショウ【3】

またまたレポの途中ですが。「クリムゾン・エンパイア」のランビュール=ダヌンツィオ(@紀章さん)のサンプルボイスが追加されたというので早速聴いてみました。もうね…密かにとても楽しみにしていたのですよこのキャラ。見た目、設定…共にどストライク過ぎて!(当方の好きキャラ遍歴を知っている方なら納得かと)

紀章さんグッジョブ!!大好き!!!(喜々)

紀章さんボイスにデレデレのままレポに戻ります。

<その2からの続き>

今後のこのゲームのメディア展開についてディレクターさんからお話がありました。前ステージ時から既にドラマCD化のお話は出ていましたが、そのドラマCDに紀章さんと伊藤さんのキャラはちゃんと登場しますよ、とあらためて教えてくださいました。お2人の出演決定に会場から拍手。そして…なんとこのゲーム、主題歌の制作も決定しているとのこと。「主題歌は…谷山紀章さんにお願いしようと思っています」と発表するディレクターさんに「僕、今日此処に来て初めてその話を聞かされたんですよ~」と訴える紀章さん。事務所レベルで仕事依頼は話が通っていたそうなのですが、「事務所が教えてくれて無かった!」のだとか。「歌わさせていただきます!」と、紀章さん。格好良いものが出来上がりそうですね。

更に…「普通はゲームがヒットしてから作る筈のものなのですが、このデモンブライド、ムービーアニメを作っちゃいました!」との発表が…エクサムさん気合十分です。そんな訳で続けてムービーアニメの映像を皆で見る事に。こちらの映像…明るい場所で久遠と零彗が対峙している場面などがありました、アニメ絵なのでちょっと雰囲気が違う2人。私的に…零彗さんが手にしていたものが非っ常に気になったのですが……え、それはルシフェルさんのベール…?(驚)

うっかり零彗さんが主役に見えた

というのは秘密です。「黒き愛の反抗(リベリオン)」の異名が薄らとわかった気がしました…。零彗がどうしても悪に見えないからなのか…直情的過ぎて好きですね。逆に久遠は全く顔色を変えないタイプで読めない…天使側なのに久遠の方が怖い印象を受けます。他にも一瞬ではありますが、まだ発表になっていないキャラ達の姿も拝む事が出来ました。ムービーを見終わって…紀章さんがキャラがエンゲージ時にキスしていた事にツッ込んでいました。「キスの激しさでキャラの強さが変化するっていうのはどうですか?ディープさでやる気が変化するとか…」などと要望だしていたり…(爆笑)こらこら、ディレクターさんを困らせてはいけません、楽しそうですけど。此処かどうか忘れましたが「ぶっちゃけどのキャラが一番強いんですか?」という質問がディレクターさんに投げかけられる場面も…返答は「黒く染まるキャラ」という事で…お、零彗さんとは言い切らないのですね。気になります。

続きを読む "デモンブライドトークショウ【3】"

| | コメント (0)

デモンブライドトークショウ【2】

レポの途中ではありますが…電撃文庫秋の祭典の当選葉書が到着し始めているよ、と教えていただいたので恐る恐る帰宅してみたところ、紀章さんご出演ステージの葉書…では無く、電撃文庫Webラジオ公録の当選葉書が届いていました。わわわ、初の生竹本さんだーー凄い嬉しい!!紀章さんのは外れてしまったのかな…(遠くからでも見れると良いのですが)俄然10/5が楽しみになりました。

記憶の衰退に逆らいつつレポに戻ります。

<その1からの続き>

影からのキャラ喋りのまま登場したので「ここからは素で!」と切り替えてトークに挑む紀章さん…「天羽零彗役の谷山紀章です」。それに対して、伊藤さんはご自身のキャラが発表になっていないため「デモンブライドの何かを演じています伊藤健太郎です」のようにかなり曖昧な事になってしまい「どうして此処にいるのかわからない!」状態に陥っていました。前述の眼帯の話もこの冒頭部分でしていらっしゃいましたね。久遠の話になった時には紀章さんが「今をときめくマモちゃん!」と相変わらずはしゃいでいました。

最近、紀章さんと伊藤さんのお2人は現場で一緒になることが多いそうです。そんな話をしていたら司会のお姉さんが勝手に「~そんな感じで、よく現場でベッタリしているお2人だそうですが」と総括したので、「や、いやいやいや、そんなベッタリはしてないですから!ねぇ?(汗)」と、お2人が顔色を変えて全力で拒否っていたのが可笑しかったです。流石にそこまで言ってしまうとね…あわやBでLな空気が。司会のお姉さん、強者です(苦笑)基本的には司会のお姉さんが手にしているボードに書かれた質問を、ゲストのお2人に投げかけるという形式で進行していました。

「ご自身のキャラについての印象など」…伊藤さんのキャラが発表されていないので、どうしても紀章さんの零彗メインで話が進む感じでした。個人的にはこういった質問展開なのであれば、もう早い段階で伊藤さんのキャラを発表しても良かったのではないかな、と思います。伊藤さんも話したそうにしていてもどかしかったですね。で、零彗について…例の台詞「黒に染まるぜ、お前の為に」を受けて、「谷山さんも黒に染まってますね」と黒のロングカーデをツッ込まれていました。冒頭の影アナの話になり、零彗は愛に生きる男だという事に。司会のお姉さん曰く「それなら、谷山さんご自身にも似ているんじゃありませんか?」と振られたので「いやいやいや…」と首を振る紀章さん。此処でお姉さんから突発的に質問が

Q「私と仕事、どっちが大事なのー?」と女の子に言われたらどう答えますか?

続きを読む "デモンブライドトークショウ【2】"

| | コメント (0)

デモンブライドトークショウ【1】

9/20 第46回 アミューズメントマシンショー
エクサムブース「デモンブライドトークショウ」
(ゲスト)谷山紀章さん・伊藤健太郎さん

参加して参りましたので、久々にレポに挑戦してみようと思います。さて、自分はアミューズメントマシンショーをよく知らなかったので、ゲームショーやアニメフェアのようなものを想像していたのですが、そこまで人が並ぶものでは無かったようで…入場時から周囲が小さい子供連れの家族ばかりで客層の違いにドキドキしました(笑)会場にはまったり9時過ぎに到着したのですが、開場の10時になるとすぐ入場出来て…他イベントを考えると想像もつかない程スムーズでした。徹夜の身体には非常に有難い事です。

で、脇目も振らずエクサムブースへ。

すると「あれ…?此処で良いんですよ、ね…?」と目を疑う、人の疎らなステージ前のスペース。同日開催のネオロマンスな横浜の影響なのでしょうか、結局開演の30分前でも3列くらいしか人が集まっていない感じでした(始まってから後ろを振り返ったらそれなりに集まっていたので杞憂ですが)先に到着していたK汐さんを見つけて、空いていたお隣でご一緒させていただきました。お世話になり有難うございました(>私信)ステージ自体の高さも殆ど無く、最前の仕切りからの距離も近いため非常に好位置で…開始前から「此処に紀章さんと伊藤さんが来るんですか…///」と動揺する始末。ステージ上部には大きめのスクリーンが1つあってプロモーション映像を流していました。

「デモンブライドトークショウ」に先駆け、11時からは「エクサム新作タイトル発表会」があったのでそちらで一足早く「デモンブライド」のプレイ動画を見る事が出来ました。後々述べますが、トークショウで紀章さんと伊藤さんが初見だったプレイ動画映像…会場の子達は此処で先に観ていたんですよね。やはり此処でも天羽零彗(@紀章さん)のK.O時台詞「愛してるぜぇーー!!」の衝撃が凄くて…大反響でした(笑) 零彗とルシフェルの絡みは濃厚で良いですね…やはりこの2人が好みです。私的にはマモンの素早くも怪しい動きが非常に気になる感じで…ドーンは高屋校長にそっくりだとか!(サングラスをした姿、本当に似ていました)後は、思いがけず紅花(@能登さん)の悲鳴がもの凄い音量でドッキリしました…女性の悲鳴は響きますね~。ディレクターの方がまだ発表になっていない声優さんのヒントを次々と教えてくださった為、会場では歓喜の声が上がったりしていました。声優さんにもかなり気合い入れてくださっているようです、そうご期待!

待機している間、近くにいたスタッフさんが色々とお話してくださって…「ブースのステージ裏側にあたる所に、デモンブライド出演声優さんのサインを入れていただいたex-BARDを飾ってあるので見て行ってくださいね~(写真撮影可)」とか、「昨日メーカーブログに本日の出演声優さんの誤情報がアップされてしまっていた」などという事を知りました。「あの…小野大輔さんというのは誤情報で…小野さんがお目当てでは無いですよね?(汗)」と、集まっている子達を心配してくださっていました。大丈夫です、がっつり紀章さんと伊藤さんがお目当てす。

続きを読む "デモンブライドトークショウ【1】"

| | コメント (0)

逢いたい気持ちのままで。

明日はトークショーに行ってみる事にしました。

情報を教えていたただいてから悩んだ挙句、今朝まで行かない筈だったのが、思わず会社帰りに高速バスの予約を入れてきてしまいました。基本は計画的だと思うのですが…稀に「何とかなる!」と根拠のない勢いで行動に出るのは性分ですね。今からひと通り家事をこなしてから朝一のバスの時間に間に合わせるとなると徹夜になりますが、気にしない方向で…。

だって紀章さんのトーク聴きたかったんですよー!(涙)

寝るよりずっと元気になりますよ。

| | コメント (0)

在るべき場所に還る夢。

いつから此処に書いていないんだろう…と思ったら、夏コミの握手会に出掛けるところで止まっていますね。どれだけ前なんだという…1ヶ月前ですか。毎日が目まぐるしく過ぎて行くのであまり感覚がありません。今更握手会の話をしても需要が無さそうなのでカットで良いですか…?(特に面白いことも出来ない輩なので)紀章さんは相変わらず紀章さんでとても優しかったよー、とだけは確実にお伝えしておきます。

紀章さんに弁明したい事なら山程ありますけどね!(大泣)

握手会の後は一人反省会必須です。

そういえば最近殊に複数の同僚から「●●さんっていつも明るくて羨ましいよ」と言われるので吃驚しました…や、待て待て待て!?そんなイメージなのでしょうか当方…?どちらかというと悲観的方向性な気が(汗)まぁ、幸せ惚けが意図せずだだ漏れになっているんだと受け取って気を引き締めます…でも幸せ過ぎて緩むなぁ。

---------------------

もうすぐGRANRODEOの2ndアルバム「Instinct」が発売になりますね。もう来週ですか、早い!オフィシャルサイト入口の映像やメインページの写真もアルバム仕様になって大分経ちますが……刀!刀を携えた紀章さんが某スマスケ的なK氏を彷彿とさせて懐かしく感じました。よくライヴで刀振り回してたなぁ…あのパフォーマンス好きでした!(もう開き直ったのでK氏好きは公言していきます。やはり高瀬は有害指定音楽家上等でナンボですよ、ふふ…)←わかる人だけ笑ってください。

で、今日はつらつら~とグラロデの記事が掲載されている雑誌を立ち読みしてきました。しかしボイスニュータイプが無かったのでもう1回探しに行かないと…。読んだ中ではビリヤード写真の雰囲気が素敵でした。インタビューからも期待が膨らんだので、あとは「迷盤」(!)の発売を待つだけです!

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »