« 鮮やかな魅力が集う場所で。 | トップページ | 王子様バトン »

喜びの歌が生まれたとき。

GRANRODEOサイトのBLOGに紀章さんと飯塚さんのコメントがUPされていますね。お2人ともお疲れ様でした。わ…「アメコミのキャラクターみたいな男」さんの写真凄い、凄いというより……怖い?(をい)そして、飯塚さん…やはりRPのテーマ曲は飯塚さんの手によるものだったのですね。今回のロケパンはあの曲の存在によってかなりの一体感を生み出していたと思います、ばっちり気に入りましたよ~。ん…「アウトサイダー」は片仮名表記みたいですね。

-----------------

「VOiCE Newtype」 No.023

購入してきました、ボイスニュータイプ。

「俺は、2007年8月5日を一生忘れない!」

という見出しの台詞が飛び込んできて面食らいましたとも…くっ…これはかなり痺れるのですが…!紀章さんにとって今のところ人生最良の日であるなら嬉しいです。しかも今回の写真がまた格好良くて…見惚れます、GRANRODEOの雰囲気抜群ですねぇ…v紀章さんも飯塚さんもとても良い目をしていらっしゃいます、目が生き生きとしているかはとても大切な事のように感じたり。写真もそうですが、インタビューからも初ライヴを終えての想いが沢山伝わってきました…ふふ、やりきった彼等は一味違いますね。

飯塚さんの

「『正直、ここまでやれるとは思ってなかった』という感想をもらって。確かに、声優の谷山紀章は音楽的にどこまでやれるのかとか、俺は体力的に持つのかとか、厳しい目で見るひともいたから。そこを納得させられたのは、嬉しい。」

というお言葉には……若干の心当たりがあるので凍りつきましたが…い、いいい飯塚さん根に持つタイプは本当ですか…(ガタガタ・滝汗)いや、待て待て。紙面上で発言されているという事で、実際のところ厳しい目線の方は業界人・ファン問わず結構いらっしゃったと受け取らせていただきます。そんな逆境の中、本当に…あの日のライヴには納得させられましたよね。

|

« 鮮やかな魅力が集う場所で。 | トップページ | 王子様バトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鮮やかな魅力が集う場所で。 | トップページ | 王子様バトン »