« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の15件の記事

止められない事は知っていた。

ふえぇぇぇ…(大泣)

遅ればせながら「天元突破グレンラガン」第25話「お前の遺志は受け取った!」を視聴したところ、ぐちゃぐちゃに号泣してしまいました。キタン…紀章さん、素敵過ぎました…もう何と言って良いのかわかりませんが、良かったですー!!

----------------

第60回 自主法政祭 学生団体連合本部企画
声優トークショー 『声で演じる世界』

<開催日> 2007年11月23日(金)
<出演> 谷山紀章さん・杉山紀彰さん・福山潤さん

こちらのイベントは現在イベント特設サイトにて参加応募受付をされています、参加希望の方は詳細を確認してみてくださいね。学祭ですか!…山々に紀章さんで山だらけの出演者様にくすっと笑ってしまったり///ちなみに…参加応募の際にコーナーへのコメントが必要なのですが、そのうちの1つが

続きを読む "止められない事は知っていた。"

| | コメント (2)

誰もが羨むその一口。

TGSのレポを書いているだけで時間が経って…すぐに握手会が迫っていますが。

おおきく振りかぶって 西浦高校野球部全員集合イベント
2008年2月17日(日)開催決定

※DVD6巻と7巻の両方をご購入の方から応募抽選

これ…参加したいですね。情報を教えていただいたので速攻でDVDを予約してきました(自分にしては素早い行動)花井君の紀章さんが観たいとぼやいていたのに、こんなに早く叶うのですね、嬉しい!抽選というのが恐ろしいですが、気合いを入れて応募しますよ~。紀章さん達がコルダトークショーの時にプレミアムエリアの人に「この運気の上がっている時に宝くじを買って帰ったら良いですよ」とおっしゃられていましたが…宝くじは当たらなくてもいいので、ぜひこのイベントに当てて欲しいです!(真剣)

さて、こちらも視聴いたしました。

BS日テレ 「C-POP World 恋し☆チャイナ!」
♯25・♯26 谷山紀章さんが審査員としてご出演の回

続きを読む "誰もが羨むその一口。"

| | コメント (2)

東京ゲームショウ その3

<その2からの続き>

恋華のステージ終了後、昼食をとろうと飲食コーナーへ。昨晩もカレーを食べてきたのにまたカレーを食してみたり(カレー好き)ゆったりとしていると何処からとも無く聞き覚えのある声が…あ、久遠さん!そうです、近くのステージでネオロマのステージが開催されていたのですね。食べ終わるまでの短時間、耳だけ参加して…コルダのトークショーを見るためにコーエーブースまで長距離移動(これがもの凄い遠かったです、ホールの端から端)

「金色のコルダ2アンコールトークショー」

こちらのステージは前方にプレミアムエリアが設置されており、事前応募で当選していればその座席で観覧できるという形態になっていたのですが……実は当方、当選しておりまして。座席数が76席で、応募総数約2000通だったそうです…数字を聞いて唖然…よ、よく当選したな、と。ありがたみを噛み締めつつ観覧させていただきました。弊害として、極度の緊張で記憶が飛んでいるので内容はあまり期待しないでいただけると助かります…寛容に…。

まずは久遠さんが登場。前述のネオロマステージの後で久遠さんもお客さんも遠いホールから大移動してきたので「移動お疲れ様でした!」とおっしゃっていました。紀章さんと伊藤さんを呼び込もうとすると、裏から月森君と土浦君の台詞が流れて…それに続いて上手側からお二人が登場。着席位置は下手側から久遠さん・伊藤さん・紀章さんの並びでした。

わー…今度は紀章さんがサングラスをかけられていません…///

続きを読む "東京ゲームショウ その3"

| | コメント (0)

東京ゲームショウ その2

<1からの続き>

「幕末恋華 花柳剣士伝トークショー」

おお振りのステージを最後まで見届けてからゆったりと移動…すると既にD3さんのブースの前には人だかりが。整理券は無かったものの、ステージとスクリーン画面の位置が高かったので視界は良好でした。こんなに見えるなら整理券が無くても大丈夫でしたね(整理券が無いと参加できないと勘違いしていた自分に苦笑)整理券を持っている方々を前方に誘導する為に後ろに下がるようにアナウンスされたかと思えば、今度は後ろの通路が塞がりそうで前に詰めろと言われたり…会場整理は溢れ返る人で困難を極めていました、スタッフさんお疲れ様です…(涙)ブースの面積が狭い為、息苦しくなる程の密集度でした。

こちらのステージのご出演者は陸奥陽之助役の谷山紀章さんと三木三郎役の吉野裕行さんです。お2人ともサングラス装着でご登場…久々に見る生紀章さん…わーん、本当待ってました!紀章さんの服装は最近よく着ていらっしゃる黒の透けた上着でした(このステージ時は確認出来なかったのですがコルダ時に見えたので補足すると、下は可愛い髑髏柄の沢山入ったジーンズでブーツでしたよ)自分の位置からはよく見えず、吉野さんの服装が不明…司会のお姉さんは主人公のコスプレをされていました。以降、順番の記憶はあやふやなので間違っていたらすみません…(汗)

紀章さんが喋り出した途端、反対側のブースの体感ゲームの辺りで歓声が上がり、自分にじゃないよね??と確認する紀章さん…なんとも絶妙なタイミングでした(笑)それぞれ自身のキャラクターについてのお話。紀章さん曰く陸奥はわがままキャラだそうで…吉野さんによると三木は見た目通り優しい人で、若干地味だそうです。紀章さんが三木は名前に「三」が2つも入ってると指摘。三木は優し過ぎるので吉野さんは何故自分にオファーがきたのかわからない、と首を傾げられていました。紀章さんが「仕事の仲間内では吉野君は『声優界の最後のサムライ』と言われているよ」と吉野さんの男らしさをアピール。それぞれのキャラについて紹介した後で、陸奥と三木が登場しているスチルを見ながらのトークを開始。

続きを読む "東京ゲームショウ その2"

| | コメント (0)

東京ゲームショウ その1

東京ゲームショウ200723日に参加してまいりました。参加された方々はお疲れ様でした!

TGSへの参加は初めて、幕張メッセへ行くのも初めてという具合だったので…会場に着いてから開場待ちの待機列に辿り着くまでにかなりの距離を歩いたのが衝撃でした。歩き過ぎで連れが靴擦れを起こす始末!(涙)途中で列を抜けて食料調達に出掛けたりしたものですから、開場前に駅~待機列間を何度も移動して汗だくに…運動不足の身体には堪えます。

取り敢えず、当方の行程はこちら。

11:15~ 振りかぶりまくりまSHOW(マーベラス)
12:30~ 幕末恋華 花柳剣士伝トークショー(D3)
15:00~ 金色のコルダ2アンコールトークショー(コーエー)

紀章さんご出演のステージが最優先、後はおお振りのステージが見れたら良いな…という気持ちで参加させていただきました。開場後、間も無く入場。恋華のステージは整理券を配付するとのお知らせがあったので、真っ先にD3さんのブースへ。

しかし…いきなり会場内で道に迷いました(えー)

ようやくD3さんのブースへ辿り着いたものの、目前で整理券が無くなった時には自分の方向音痴を呪いました…おおお(涙)ちなみに整理券は100枚あって、9時40分位には全て捌けたと思います。整理券配付のカウンターに群がる女子の大群はバーゲンセールのようであったとご報告させていただきます…///(笑)

続きを読む "東京ゲームショウ その1"

| | コメント (0)

限られた時間を至高のものに。

谷山紀章さんお花企画in『喝采』

上汐透哉さん主催のお花企画へリンクを貼らせていただきました。現在、参加者様を募集されていますので興味のある方はリンク先へ足を運んでいただければ幸いです。この度も企画の成功を応援させていただきます…!

--------

20日は「Last Aice5」参加してきました。

女の子ばかりのステージを見るのは初めてに近い経験だったので、想像を超える華やかさに心を奪われました。もうね…日頃に暑苦しい程に男男したバンドしか見ていない身には凄い衝撃で…(笑)サイリュームの色を揃えたりと会場のお客さんの意気込みも素晴らしくて…感動的な時間を過ごさせていただきました。お疲れ様です!

続きを読む "限られた時間を至高のものに。"

| | コメント (0)

忘れない記憶の眠る場所。

谷山紀章のMr.Tambourine Man
第90回配信「でっかい所でやりたい」

役者さん側から見たアニメのアフレコとドラマCDのアフレコの違いについて。自分の想像力が要求されたり、会話等を自分の間で出来るので、ドラマCDのアフレコの方がより遣り甲斐があるのだそうです。アニメのアフレコは「若干M的な快感がある」…のですか?谷山紀章的解釈は奥が深いですね。アニメのアフレコは絵が入っているとやる気が増すそうですよ。ぜひ紀章さんの声で沢山のキャラクターを生かしていってくださいね、それを見届けられれば本望!

「劇場版NARUTO」のお話…紀章さんご自身はまだご覧になられていないそうです。こちらでは敵方四兄弟のひとりギタイ役でしたが…この役は凄く良かったですよー、うん。紀章さんはアフレコ時に一緒にご出演されていた柿原さんを散々苛め弄っていらしたとか…おお振りアフレコ時の下野さん弄りの話といい、なかなかにいじめっ子気質なのですね(笑)そして投稿メールの質問に答えて胸毛のお話。紀章さんは胸毛は無いそうです…が、XXXは濃いだとか(ご想像にお任せいたします)

「先週言い忘しゅれたんだけど…」

なんて可愛い噛み方なんですかッ…///(崩壊)

続きを読む "忘れない記憶の眠る場所。"

| | コメント (0)

真実よりも輝き続ける想像。

ようやく君らじ第129回を視聴しました。

らじすかにてGRANRODEO「059/21」の真相が…!!

もうこのまま語られずに行くのかと思っていたので不意打ちでした。なるほど、この歌詞が出来た大体の日付なのですね、「2005年9月21日」。日付というのは予想の範疇内だった方も多いのではないでしょうか…v

タイトルは「王国の終(オーコクノツイ)」とも読めるそうで…ん、これは某方が予想していたのとビンゴですね!おめでとうございます(>私信)オーコクノツイ…んんんー紀章さんのセンスとしては若干珍しい感じだな、と思ったのですが…会話の流れからは偶然の産物というように感じられたので納得です。実際の曲紹介では普通に「ゼロゴーキューニーイチ」と読んで紹介されていました。

アルバム感想を綴った辺りで既に「もう此処まで来たらバラさなくても良いんじゃないかな」と呟いていた自分に苦笑…あの頃には紀章さんが深い意味無しで付けたタイトルだというのは薄々感じていたというか。焦らされたものをバラされる時は全ての予想を覆すくらいのものが欲しい…と思ってしまうのは贅沢でしょうか?(笑)この曲タイトルについて多くの人が色々と予想しているのを見るの、夢に溢れてて結構好きだったんですよーv

続きを読む "真実よりも輝き続ける想像。"

| | コメント (0)

思い掛けない気持ちの再確認。

直前になって紀章さんのご欠席が発表になるという衝撃的な事態でしたが、「集英社ドラマCD祭り」夜の部に参加してまいりました。参加された方々はお疲れ様でしたー!

入場時に紀章さんの直筆メッセージが印刷されたポストカードが配られたので、受け取って見た途端に思わずじわっときてしまいました。ああああ…気を紛らわしていてもやっぱり紀章さんが観たかったんです…そんな自分に気付いた瞬間(いやもう…コイツ阿呆だなーと思っていただいて結構ですので!笑)その後、昼の部に参加していた方から、紀章さんのメッセージ映像も流れると教えていただき更に動揺…おおお…そんなのを見てしまったら泣かない自信が無い。今日は紀章さんは見れないと言い聞かせて出掛けてきたのに!

紀章さんのメッセージ映像は割と周囲がガヤガヤしている中で撮られたものでした(忙しい最中に撮ったのでしょうか?)都合で行けなくて申し訳無い、またお会いできる機会もあると思うのでその時は宜しく、といった感じのものでしたね。真面目さが余計にぐっとくるというか…いやでも元気なら良いんです、それが1番心配でしたから。このメッセージ映像を見てから後は素直にイベントを楽しむ事が出来たような気がします。腑に落ちないところがあった方々も数々の配慮に心和らいだのではないでしょうか。

続きを読む "思い掛けない気持ちの再確認。"

| | コメント (0)

見えた先でまた出逢えたら。

谷山紀章のMr.Tambourine Man
第89回配信「人生で最良の日?!」

先日のネオロマンスフェスタに来てくださった皆さん有難う…というところから、ここ最近のネオロマイベントのお話に。確かに…紀章さんはずっとご出演が続いていますね、紀章さんの働きぶりには拍手を贈りたくなります。が、「(自分が)飽きられなきゃいいけどな、それだけが心配」とぼやく紀章さん。おおお…そんな事ないのに…!(涙)出演者予定に紀章さんの名前を見つける度に嬉しいのですよ…v

今回はGRANRODEOライヴ5日に用意された似顔絵ケーキのお写真が紹介されました。オフィシャルサイトブログにも写真が掲載されていますが、こちらの写真ではナイフを入れた後なのでケーキが分断されています(ちなみに紀章さんは目の部分を召し上がられたそうですよ~)このケーキは東北にあるお店に注文して作っていただいたものらしいです…紀章さんの特徴を上手く掴んで製作されたケーキ、職人さんの技術は素晴らしいですね。用意されたロデオスタッフの皆様もグッジョブです、紀章さんがとても嬉しそうでした。

人生で最良の日…!

続きを読む "見えた先でまた出逢えたら。"

| | コメント (0)

全てはその舞台が赦す。

本日は紀章さんご出演の舞台『喝采』のチケット発売日でした。もう…販売開始時間前から繋がりづらくなるという状況の中、1時間近く奮闘…さっぱり繋がらず。ああああ…これはもう本気で観られないのではないかとボタンをクリックする手も重たくなってきた頃に、確保できたという方からの救いのメールが…!!!

久々に泣きました…本当に、嬉しくて…(涙)

舞台が拝める事が嬉しいのはそうなのですが、それ以上にその方の心遣いが嬉しくて…。有難うございます。いつもお世話になってばかりで申し訳無い限りなのですが…お言葉に甘えてご一緒させていただく事になりました。お陰様で何とか紀章さんの舞台を拝む事ができます。その後、更なる奮闘の末に朴さんご出演日の公演も観劇できる運びとなりました。

今日1日…当方の我侭の為に貴重な時間を割いてくださった知人さん達には感謝してもしきれない位です。今回に限らず、本当に本当に有難う。大好きです。いつか恩返ししたいと思いつつも具体的に何も返せないままで不甲斐ないばかりですが…精一杯大切にしていきたい人達です。

続きを読む "全てはその舞台が赦す。"

| | コメント (0)

踏み出せばゼロには戻らず。

紀章さんご出演の舞台『喝采』の顔合わせがあったのですね。小山剛志さんのブログにキャストさん達の集合写真が掲載されています。この皆様で面白芝居ですか!ますます楽しみになりました。

紀章さんにとって舞台はかなり新鮮な挑戦なのですよね…紀章さんで舞台というと、以前のホッテンラジオで伊藤さんがゲストだった時に大々的に弱気発言をしていた事が思い出されますが。あの紀章さんが…一体どんな舞台を!?だからこそ全力で応援したいです。素晴らしい仲間たちとその機会に恵まれた事に感謝!

もともと8日に別件の用事で関東へ出掛ける予定なので、7日8日辺りのチケットが確保出来ればいいな…と思っています。おおお…1公演でも観られれば…!しかしながら、紀章さんだけでなく朴さんの回も観てみたいという欲が湧いてきて困ります…(笑)

| | コメント (0)

求める技術は焼き加減。

谷山紀章のMr.Tambourine Man
第88回配信「タトゥーシール愛用してます」

実際の収録日は「抜け殻週間」ことGRANRODEOライヴ後だそうです。ライヴ時に販売したグッズのお話…紀章さんはご自身で発案されたタトゥーシールが1番のお気に入りだそうです。ワンポイント的な使用を勧められていました。GRANRODEOのオフィシャルHPでは現在も通販を行っていますので気になった方は購入してみては如何でしょうか…v

紹介したメールは全てライヴの感想メールだったのですが…ですが…

「ばんばんエロいメールを紹介していきます」

そのお言葉通りにエロい感想メールばかりなのでした…///最近は紀章さんの発言よりもメール内容の方が過激だなぁ、と感じる今日この頃です…まぁ、紀章さんチョイスですけれど!(笑)カオス度が増しています。

続きを読む "求める技術は焼き加減。"

| | コメント (0)

抱かれるイメージは相反する。

「Over Drive」のイベント参加された方はお疲れ様です。怒涛の紀章さんイベントに尽く参加出来ていませんけれども…しょうがない、愛はある…という事で勘弁してやってください。

谷山紀章のMr.Tambourine Man
第87回配信「ドS全開」

夏休みの宿題のお話…紀章さんは写させてもらう専門だったようですね(笑)うーん…当方はといえば先にやるの後に溜めるのというより、毎日やっても終わるかどうか怪しい量の宿題を出されていたような気がします。可笑しな事に学校に通っている日の方が暇でした。紀章さんのように夏休みをひたすら遊ぶ事に費やしてみたかったですね~。

今回紹介された写真はジョイさんとの2ショットでした。紀章さんの自宅で2人で呑んだのがなかなかに楽しかったそうです。気心知れた方とそうして過ごせる時間は大切ですよね。

紹介されたメールの夢が…いやはや凄いですね///

続きを読む "抱かれるイメージは相反する。"

| | コメント (0)

期待に応えるプレッシャー。

9月1日(土)
「機動戦士ガンダムOO試写会」(第1回)
in 中野サンプラザ

参加してきました。チケットの引き換えは先着でしたが若干ランダムに配られていたのではないかと思います(少なくとも当方の場合は引き換え列の前後付近に並んでいた方々と隣同士になる…という事はありませんでした)自分と連れは2時間程並んでみたのですが、いきなり配られたチケットが良席過ぎて開演前からうろたえました…おおお、何という事!そんな訳で見え過ぎる程見え過ぎる辺りで拝ませていただきました…///

まだまだ放送前ですので、第1話の詳しい内容には触れない方向で。期待して良いのではないかな…とだけお伝えしておきますね。第1話の上映以外にも、スタッフさん達の仕事風景、声優さん達のアフレコ風景の映像が流れました。皆で良い作品を創りたいという心意気が伝わってきましたよ~そして何より皆が楽しそう!素敵な雰囲気です。OP曲を担当しているL'Arc~en~CielとED曲を担当しているTHE BACK HORNからのコメント映像もありました。ラルク…hydeさんのコメントを聞きながらも隣のtetsuさんのとんでもなくカラフルなご衣装に度肝を抜かれました…あ、あれは一体!?(驚)

続きを読む "期待に応えるプレッシャー。"

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »