トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の1件の記事

不健全が健全の王道で。

ケンゼンな本能

某通販サイトにて「DECADENCE」のカップリング曲のタイトルが判明。

「ケンゼン」が片仮名というのが余りにも素敵で目を疑いました。こういうアイロニー的な言葉遊びはもの凄く好きです。KISHOWさんのセンスに脱帽…!KISHOWさんの作詞だと勝手に信じていますが…そうですよね?うん、多分…この語感はそうだと思う…。こんな風に言葉を扱えるようになりたいな。

けん‐ぜん【健全】 [名・形動]
1 身心が正常に働き、健康であること。また、そのさま。「―な発達をとげる」
2 考え方や行動が偏らず調和がとれていること。また、そのさま。「―な社会教育」
3 物事が正常に機能して、しっかりした状態にあること。また、そのさま。「―な財政」

ほん‐のう【本能】
動物個体が、学習・条件反射や経験によらず、生得的にもつ行動様式。帰巣本能・防御本能・生殖本能など。

(↑yahooの辞書機能より)

なるほど。

KISHOWさんが発する事によって善からぬ想像を働かせてしまうのですが……というよりもそれが狙いかッッ!?(爆)そもそも何が「健全」かという話ですね、これは。「健全」と「本能」を並べた事による矛盾に疑問符を付けて下さって有難うございます(お礼を言ってどうする?)あーダメだワクワクし過ぎてしまう…むしろワクワクを超えてゾクゾクする!素敵な語彙を読むとうっとりしてしまう変人ですみませんっ…(泣)曲タイトルだけで既に楽しませていただきました。早く歌詞の全てが読みたい!聴きたい!!

続きを読む "不健全が健全の王道で。"

| | コメント (0)

トップページ | 2006年7月 »